手作りのお財布をカッコヨク作る方法

財布というのは普段誰もが日常的に使用するものです。小さい頃は小銭入れのような可愛らしいものを使っていても、大人になるにつれカード類がたくさん入るものを選ぶようになったり、素材やデザインなど個々のこだわりが出てくるものです。しかし、なかなか自分の好みにピッタリとマッチする機能やデザインのものを見つけるのは大変です。やっと見つかっても予算と釣り合わないという場合も多いことでしょう。自分好みかつ、予算以内のものを求めるのであれば、自分で手作りしてしまうという方法があります。ある程度の技術や道具も必要になりますが、一度作ってしまえばコツが掴めてきますのですんなり作れるようになってきます。自分用にするだけでなく、ギフトとして手作りしてみるのもいいかもしれません。

生地を使って格好良く作ってみましょう

手芸店などで売ってある生地を使用して財布を手作りする場合、生地選びとパーツ選びがポイントになってきます。口金やファスナー、ホック類などは実に様々なタイプのものが販売されており、デザインやサイズはもちろん、金具のカラーもゴールド、シルバー、アンティークなどから選べるようになっています。ファスナーのスライダー部分のデザインも色々なものがありますので、デザインのイメージに合わせて選ぶようにしましょう。帆布などの丈夫な生地を使用したり、厚めの接着芯を貼ったりするとパリッとハリのある仕上がりになります。ラミネート加工された生地ならば水に強くなりますし、生地にも厚みが出てきますのでおすすめです。縫製の際は、こまめにアイロンを掛けながら作るのもきれいに仕上げるコツです。

革を使って本格的なものを作ってみましょう

財布といえば革という方も少なくないでしょう。布よりも丈夫で長持ちしますし、触り心地が好きだという方も多いものです。革を使って作る場合、菱目打ちや針、木槌などの工具が必要になります。最近はレザークラフトの人気に伴い、ホームセンターや手芸店などでも比較的入手しやすくなってきました。滑りを良くするためにあらかじめロウを塗ってある糸を使用して縫っていきます。革と糸の色のバランスも非常に重要なポイントですので、気に入っている糸があればそれに自分でロウを塗り込んで使用しても大丈夫です。より長く使いたいのであれば、出来るだけ本革を使用して作るようにしましょう。革製品は金具との相性が抜群ですので、鋲を打ったりホックをつけたりすると印象も大きく変わってきます。タッセルやタグなどのちょっとした装飾を付けてみるのもおすすめです。

ギフトラッピングは、ブラウンの包装紙、ペーパーバッグのどちらかをお選びいただけます。誰でも作れる、手作りの革小物キットも販売しています。 コットーネなら、一つ一つハンドメイドのあたたかな革小物に出会えます。 お問い合わせに関しては、電話・メールともに営業時間内のみの対応になります。 会員登録でお買い上げ合計金額の10%ポイントを還元します。 財布は手作りだからこそ味が出る