お財布を手作りするのに必要なもの

お財布は自分で勉強しながら制作するのは楽しいことでもありますし、手作りすると結構いいものを作ることができます。革を縫うのは難しいのではと思われがちですが、道具を揃えると意外と簡単にできるものです。しかし「お財布を手作りしたいのだけれど何から始めればいいのかわからないな」なんて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。まずハンドメイドで何かをを作るときには道具を揃える必要があります。ですので、手作りの前に道具の準備をしましょう。必要な道具と言っても店舗やネット通販で手軽に購入でき、そんなに費用のかかるものではありません。多数の道具をレザークラフトでは使いますが、必ず用意してかなくてはいけないものとそうでないものがあります。ここでは手作りを始めようとお考えの方に必要になる道具を紹介します。

作業をする前に準備しておく道具について

まず必要なのは、お財布を作る素材にする革です。店頭で販売されていますし、ネット通販でも購入できます。次に革を切るための道具が必要です。革を切るカッターとカッターで革を切るときに下に引いておくカッターマットを用意しましょう。専用の道具の革包丁や別たちを用意しなくても充分カッターで代用できます。レザークラフトでたくさん小物を作りたいと考えている方は、使いやすい専用の道具である革包丁や別たちを用意した方がいいでしょう。縫う作業は革用手縫い場入りを使用します。こちらは数本入りのもが250円から300円で購入できます。革を縫い合わせる糸はロウ引きが必要になります。このロウを引いた糸は販売されているので、こちらを購入するといいでしょう。革用のボンドも用意します。革用のボンドで皮を縫い合わせて外側にはみ出てしまった部分を接着します。

道具はセット販売されている商品を購入する方法もあります

革に穴を開けるのは菱目打ちと菱目ギリを使います。菱目打ち縫い目を開けていきます。4本菱目打ちと角などに縫い目をつける2本菱目打ちは最低限用意しておく必要があります。2ミリの穴を開けるものだと小物から小さめのバッグまでいろんなものにも使えるので便利です。木槌もしくはゴムハンマーも必要です。革に菱目をつけるときに用います。菱目を打つときに下に置く硬質ゴム板も準備します。革の床面(裏側)やコバ(断面)の表面を整えるトコノールも必要です。こちらはトコフィニッシュやCMCでも代用可能です。必要になる道具は自分の好みのものを見繕って揃えていく楽しみもありますが、これらの道具はセットになった商品が販売されているので、このセット商品を購入する方法もあります。また、財布を作るための革や金具などがセットになっている商品もあります。初心者の方はこのセットで始めるのもいいでしょう。