手作りお財布をワンランクあげる方法

財布は日常の中で最もよく使うアイテムであるということができるでしょう。お金を支払うときなど重要な場面で使うものですし、人目に触れる機会も多いものですから、できるだけ自分らしいよいものを使っていきたいものです。売っているものはどれもそれほど変わりがなく、面白みがないと思う場合は自ら手づくりをしてみるという事もできます。自分で作ることにより、愛着が増すことになりより使いやすいものにすることができるでしょう。自分で作るというと簡単な物しかできないというイメージをお持ちの方も多いでしょうが、自分なりの工夫ができるというメリットもあります。ぜひ、ちょっとワンランク上に仕上げられるように工夫してみましょう。工夫できるポイントを知り、生かしてみてください。

素材選びで高級感をプラスしていこう

どうしても、あれこれパーツを付けるような難しい作り方は敬遠してしまいがちになります。自分で作るならできるだけシンプルな作りにしたいところです。それでいて高級なイメージを付けていくなら、素材にこだわってみることが必要です。同じ作り方でも、柄付きの布と無地の布では受ける印象が大きく変わってきます。身につけたいと思うような色や柄のものを選んでみましょう。それだけでもお気に入りに近づいていきます。特に高級感という事をイメージして作るなら、革を使ってみるのもおすすめです。それ自体が高級なイメージを持つものなので、シンプルな作りでも高級感がプラスできます。革の財布を手作りするのが初めてなら、専用のキットなども販売されているので、そういったものも利用しながら慣れていきましょう。

ストラップや金具で差をつけてみる

手作りするとなると、どうしても技術的に問題が生じやすくなってきます。そのため、あまり凝ったつくりにはできないということが多いものです。シンプルな素材で勝負するという事も一つの手ではありますが、それだけでは物足りないという場合、付属品でのランクアップを狙うという方法があります。比較的簡単な方法として、ストラップを付けるということが挙げられます。キラキラ光るものや、シックな革製のものなど様々なものがありますが、そういったものを付けていくだけでも表情が変わってきます。手作りをする際に付ける金具でも高級感がプラスできます。ファスナー部分の色合いやスタッズを付けるなどという事で工夫してみると、より高級感のある仕上がりになります。こうした部分にも気を配って自分だけの財布を手作りしてみましょう。